TOP > 学校紹介 > 沿革

沿革

鋼鉄に一輪のすみれの花を添えて

初代校長 三角錫子(みすみ すずこ)

初代校長 
三角錫子 (みすみ すずこ)
1872(明治5)年、旧藩士三角家の長女として金沢市に生まれる。東京女子師範学校を卒業し札幌や東京で教職に就いた後、個性を尊重する自由で伸びやかな教育を目指し、1916(大正5)年に常磐松女学校を創設。

1916
(大正5)
東京・渋谷常磐松一番地に
常磐松女学校創立
初代校長に三角錫子就任
1945
(昭和20)
空襲により校舎焼失
1947
(昭和22)
新制常磐松中学校設置
初代理事長に丸山丈作就任
目黒区碑文谷への建設許可がおりる
1948
(昭和23)
碑文谷に校舎落成
新制常磐松高等学校設置
1949
(昭和24)
本校中学生らの手紙によりインド・ネール首相から上野動物園へ小象インディラが贈られる
1950
(昭和25)
第1回運動会が行なわれる
1951
(昭和26)
学校法人トキワ松学園となる
トキワ松学園小学校設置
校歌が校友会により選定される
1952
(昭和27)
スキー教室が始まる
1957
(昭和32)
第1回音楽コンクール行なわれる
1960
(昭和35)
第1回トキワ祭行われる
1966
(昭和41)
トキワ松学園女子短期大学設置
(現 横浜美術大学)
1979
(昭和54)
「朝読書の時間」始まる
1986
(昭和61)
ブリティッシュスタイルの新制服採用
2000
(平成12)
目黒新校舎完成
2004
(平成16)
制服をマイナーチェンジ
夏スカート・パンツスタイル採用
2008
(平成20)
新体育館・プール竣工
2015
(平成27)
理事長に岡本信明就任
2016
(平成28)
校長に中山正秀就任
学園創立100周年