TOP > 教育内容 > 教育の3つの柱 > 美の教育 > 美術デザインコース

高校からは美術デザインコースがあります

発想する力を大切に、楽しく学べる工夫

数ある高校の中でも珍しい美術デザインコースは、美術の時間の多さや、美大と連携した授業を受けられるなど、美術が好きな生徒には最適なコースです。このコースでは、将来、美術やデザインの仕事を通して自立し、主体的に社会に貢献できる人材を育てることを目標にしています。
そのために、

  1. 美術やデザインについての多彩な知識と高度な技術を身につける
  2. 美術やデザインの社会との関わり方を学ぶ
  3. 美術やデザインを生涯にわたって楽しむ精神を育む

…ことを3年間で完成するためのカリキュラムを組んでいます。

→アートギャラリーへ

〔1年生〕全コース共通の「美術Ⅰ」の他に「造形基礎」「美術概論」で確実な造形力を身につけていきます。

美術Ⅰ 全コース共通 2単位 素描・絵画・デザインや立体造形など、美術を幅広く、楽しく学びます。
造形基礎 美術デザインコースのみ 3単位 美術Ⅰを基本に、造形的な考え方を絵画やデザインの実技を通して学んでいきます。
美術概論 美術デザインコースのみ 1単位 鑑賞を中心として美術史を、また美術を理解するのに必要な色彩や技法の理論について学びます。

〔2年生〕全コース共通の「美術Ⅱ」の他に「アート」と「デザイン」から一つ選択します。

美術Ⅱ 全コース共通 2単位 美術Ⅰをさらに深く学び、美術を愛する精神を育んでいきます。
アート① 美術デザインコースのみ 4単位 絵画や彫刻の基本を、油絵・日本画・塑像の実習を通して学びます。また、美術史を学んでいきます。
デザイン① 美術デザインコースのみ 4単位 平面・立体など、様々な分野のデザイン課題に取り組み、自分の興味、関心の方向性を探っていきます。

〔3年生〕「アート」と「デザイン」から一つ選択し、個別指導を中心に専門的な表現能力を身につけます。自由選択として週2時間、素描を学ぶことができます。

アート② 美術デザインコースのみ 4単位 アート①を発展させ、個別指導を中心に、各個人レベルに合わせた内容を設定し、受験を意識した課題も取り入れます。
デザイン② 美術デザインコースのみ 4単位 各自専門分野を絞り込み、自分の表現を探究していきます。 また、美大受験を意識した課題も取り入れます。
素描 自由選択 2単位 アート系・デザイン系の志望に合わせた内容の課題を用意し、デッサンの表現力を高めていきます。

◆高2・高3への進級時に文系特進・進学コースに移動することができます。逆に、他のコース(理系を除く)から美術デザインコースへ移動することも可能です。
◆美術デザインコースの英語・国語の授業は、美術系大学および文系大学への受験を考慮して、文系に近い時間数を確保しています。
◆美術デザインコースでは、美術系大学などから特別講師をお招きして年に数回特別講座をおこなっています。
◆生徒の造形能力の強化を目指して、アトリエ(美術の自習室)を備え、定期的に横浜美術大学の教員による指導を受けることができます。
◆校内の春期講習・夏期講習でデッサン(木炭・鉛筆)の講座を開いています。
◆美術科教諭は、現在、専任3名、非常勤講師2名です。


文化祭美術科展


夏期講習

高校・大学連携授業

横浜美術大学をはじめ複数の美術大学から先生をお招きして、美術デザインコースの生徒のために特別授業を行ないます。写真は横浜美術大学のリースナー先生による「ブランドとはなにか?」。ブランドコンセプト、ロゴマークの意味や、ブランドデザインの裏側にある希望や願いなど、今後生徒が制作していく上で基盤となる大切な考え方を分かりやすく講義してくださいました。

横浜美術大学(横浜市青葉区)は、学校法人トキワ松学園が併設する大学です。首都圏でも数少ない4年制の美術大学が併設されていることは大きな魅力の一つです。成績・出席状況などで基準を満たせば、特別推薦を受けることができます。


横浜美術大学


卒業生による講習会

横浜美術大学

一方で、武蔵野美術大学や多摩美術大学などの美術系名門校にも進学実績を残しており、多くの先輩が美術・デザイン分野で活躍しています。