TOP > 教育内容 > 教育の3つの柱 > 思考力教育 > PA

PA

PA 〜Project Adventure(心を育てる教育)〜

プロジェクト アドベンチャー(Project  Adventure =PA)とは「冒険教育を利用して人間形成する」プログラムです。約400種類のゲーム(アクティビティ)があり、ローエレメント(命綱を必要としないもの)・ハイエレメント(命綱を必要とするもの)から成り立ちます。
このPAは、オリンピック選手のメンタルトレーニングや企業の研修で多く活用されています。現在では様々な場面で目にするPAですが、本校では1997年に日本で初めて、学校教育に導入しました。
ただ詰め込むだけの知識教育だけでなく、日常では体験できない事を通じて「体験学習(Learning by Doing)」を行う事で、トキワ松学園の校章にある円満な人間形成を目指しています。
本校ではこのPAを通し、お互いを尊重し、コミュニケーション能力の向上や積極性を学んでいます。

PAの体験学習サイクル

(Ⅰ)
①チャレンジ バイ チョイス(参加するかやめるかは本人の意志)
②絶対に他人を責めない
という①・②の2つが基本となり、そして
(Ⅱ)
ア)一生懸命に
イ)ルールを守って公平に
ウ)安全に
エ)楽しく
というア)〜エ)の4つを意識しながら活動します。
最後に
(Ⅲ)
振り返り・・・・活動後に自分の言動を振り返り、今後の生活に活かす。

PAを体験し、この(Ⅰ)から(Ⅲ)までを繰り返すことによって、「心の成長」として今までとは異なった自分に出会い、大きな成果を上げています。

プロジェクト アドベンチャー(実践例)


動機づけ・ルールの確認


振り返り

[ゲーム]


キャッチ


ナンバー玉突き


目玉焼き(木の中のリス)


しっぽとり


サークル綱引き


キーパンチ


ピンボール


マンモスのウィリー

[ローエレメント]


クモの巣(スパイダーウェブ)


ホエールウォッチング


トラバースウォール


オール・ア・ボード


スウィングロープ

[ハイエレメント]

新体育館(2008年完成)にも5種類のハイエレメントが設置されています。 


ジャイアント・ラダー(巨人のなわばしご)


クライミング・ウォール


ミニ・ラダー


ジャックと豆の木


ムササビスイング

[PAの指導者も鍛えています]

トキワ松学園のPAは、校内施設を適切に使用するために、指導者もきちんとした研修を受けています。山梨県日野春や東京都高尾、埼玉県秩父などで行われる研修会に参加しています。

現在、4名の専任教諭がこれらの講習を受講して、PAの授業を効果的に行っています。

指導者養成研修

・AP(アドベンチャープログラミング)
・ABC(アドベンチャーカウンセリング)
・SAS(安全講習会)