美術

事象を見つめる「目」、表現する「手」を養う

エントランスにある室谷早先生の胸像。室谷先生は美術の先生で、理事長も務めました。「学園中興の母」と呼ばれ、現在の横浜美術大学の開学にも多大な貢献をされました。先生の胸像の台座にはギリシャ語で次の言葉が刻まれています。

「Ο ΜΕΝ  ΒΙΟΣ ΒΡΑΧΥΣ Η  ΔΕ ΤΕΧΝΗ ΜΑΚΡΑ」
(芸術は長く人生は短い)

「学問・芸術の道は長く遠く、人の一生をかけても、それを極めることは難しい。だから、学問・芸術を志すものは時間を無駄にしてはいけない。寸陰を惜しんで精進すべきである」という教訓だと私たちは考えています。
 芸術は人生を豊かにするすばらしいものです。その理念のもと、美術を愛する人たちのために横浜美術大学、そして、高校に美術デザインコースをつくりました。また、校内のいたるところに在校生や卒業生、横浜美術大学所蔵の作品を展示し、常に美術に触れる環境をつくることで、芸術を大切にする空気が校内には広がり、生徒たちの情操を豊かに育てています。


カフェテリア


ギャラリー


美術室前

発想する力を大切にし、楽しく学べる工夫を

中学・高校を通じて大切にしていることは、生徒の事象を見つめる「目」、そして、作り出し表現する「手」を育てるということです。そうした真の創造性を一人ひとりの内に育成できるように、配慮してカリキュラムを組んでいます。

中学生

週の授業時間数は、各学年2時間。文部科学省が定める標準時間の2倍に近い時間数で、美術大学をめざす高校生を教える先生が基礎から丁寧に教えます。
美術が苦手な生徒、あまり好きでない生徒たちでももちろん大丈夫です。きっと好きになりますから。

高校生

高校から美術デザインコース・特進コース・進学コースに分かれます。美術デザインコースでは、感性や技術を磨くことはもちろん、幅広く知識と素養を身につけられるような授業を行っています。そして、高学年では、プレゼンテーションの実施、作品の講評会を取り入れた美術系大学への進路指導を意識した授業が行われています。なお、特進・進学コースでは、「美術・音楽・書道」の中から1科目を選択することになります。

→美術デザインコースへ

その他、美術部や漫画研究部、写真部など、美術が好きな人達が集まり活躍する部活動も充実しており、行事でも美術について楽しんだり考えたりする機会がたくさんあります。


昭和大学藤が丘病院の壁画を美術部が制作


文化祭正門装飾


正門

アトリエ(自習室)

トキワ松学園では、普通の自習室の他に美術専用の自習室「アトリエ」があります。様々なモチーフを用意して、放課後の時間を使って思う存分、作品制作に臨むことができます。本校の教員がアドバイスしたり、定期的に来校する横浜美術大学の先生の指導を受けたりすることで力を養うことができます。