数学

数学的に世の中の様々な事柄を考察する力をつける

「わかるから楽しい」という授業をつくりあげることによって、前向きに数学に取り組み、論理的思考力を身につけ、世の中の様々な事柄を数学的に考察し表現する能力の育成に力を入れています。

中学では、検定外の3ヵ年一貫の「システム数学Ⅰ・Ⅱ」を使い高校への連携を積極的に意識した内容の授業を行っています。

一人一人を大切に、理解するまでしっかりと指導する


中学1年から高校1年まで習熟度別授業をおこない、それぞれの学力に応じて丁寧な指導をします。基礎クラスでは、基本事項の理解により多くの時間をかけ、得意の生徒のクラスでは、テキスト以外の問題をたくさんこなします。特に、中学3年生からは、積極的に授業内容の先取りをして授業を進めていきます。

習熟度別のクラスは、テストごとにクラスの入れ替えをおこなうので、生徒たちはモチベーションを高く持って学習をしていきます。

中学1年生では、基礎基本の習得に重点を置き、学年が上がるにつれて、より高い知識や技能の習熟を並行しておこなっていきます。

高校2年生以上は、理系クラスを対象に数学的な表現する力や考察する力を伸ばしていきながら大学受験を意識した演習を多く取り入れた授業をおこなっています。また、高校三年生では、医学部・理学部・工学部をめざす理1コースでは数Ⅲ・数C・演習、医療系学部・農学部・栄養系学部などをめざす理2コースは演習を中心に授業をおこないます。それぞれ希望進路にあわせた少人数の授業と徹底的な個別指導を行っていきます。

特別講座

授業以外に、年間を徹して、中学では数学の苦手な生徒対象のキャッチアップ補習、もっと力を伸ばしたい生徒向けの特進講座を行います。

また、中学3年では全員が数学検定3級を受検します。その他の学年でも希望者がより上の級を目指して数学検定を受検します。検定前には対策講座開講します。

中学2年と3年の夏期には、希望者対象の基礎編と発展編の講座を開講します。
高校一年からは、春期と夏期に大学受験用の講座を開講します。